後ろ向きから楽天的へ〜多雨といった対話するエディション・最終章・第二部前編〜

2016年10月11日

はじめまして。嬉しい天候ですね(雨)
今日決まった曜日に雨が降ってる行い短いですか? はぁ、分かりませんか。
雨ってちょこっと不向きでして。衣服が濡れるってのも違和感はあるんですけどね。それよりも雨具に不満があるんですよねぇ。
雨具というと、かっぱとかポンチョとか、傘とか。坊やのところは小雨決行の遠足の日は割とメランコリーでした。
えっ、全て警備できないか。かっぱだと足元がお留守ですよという言わんばかりにマイカーからの水沫食らうし、傘なんて差し止め。
否傘も嬉しい文明の利器ですよ? 手持ちで前文からの負荷()を回避できる優れ存在ですよ? 一番発明した人は逸材。雨が嫌いだからこそ生まれたんだろうし、身って気の見合う仲良しになれたという。
とはいえ、身は雨と沢山コミュニケーションをとってきました。殴り合いの揉め事も沢山しました。一方的に濡れたのは身ですけどね!ww
青春の最初WEBに、雨の中頃自転車をしっかり走らせたことだってあります。長々好きなんだな、雨の事業。
しかしながら雨具、とくに傘がもたらすリアクションが、自分が雨を不向きとするポイントの一門になっているわけで。
雨の日に傘さしますよね。横殴りの雨は、意外と、はい、避けられないとしてね、前文から降って来る雨なら傘で防げますよね。濡れることを抑えられるっていうのは体温コーディネートにも影響しますからね。
前文から降ってきた雨が、傘に突き当たり、雫となって垂れて行く。←はいココ。ここ試作に出ますよ!
雫が衣服に落ちたら原則濡れるじゃん!!!といった。
もうちょい具体的に言うと、「小包沢山背負ってるときに傘を指すって、背負う小包は守り抜き切れず、しかも傘から垂れ下がる雫で局地的に濡れる」みたいな感じ。
おうちに帰って背負った積荷おろすって水没、って思い出が、いよいよ、いくつもあります。そのたび「おやぁぁぁぁー……」という何度も何度も溜息をつきます。ぐったり行なうんだよね。
こちら、どうすれば解決すると思います? 積荷にビニール記録かぶせちゃう? いっそ体内ビニールマンにでも達する? やです、なぞひわい(どうしてです)。
答えとして早いのはね、雨と仲良くなることですね。雨って仲良しになるんですよ。
濡れる? ノンノン、雨粒をぶつけるって、連中なりのスキンシップだからアレ。……先刻といった言ってる行い変わったな。
先刻述べた「青春の最初WEB」が一つの形式だ。「俺、お前らと共に駆けてるんだ……!!」という独特のワンときをお届け。
正解。雨具に不満があるなら扱うな。使わずに雨といった対話し、コネクションを深めることが心清掃にも良い。穏やかだし、雨粒って無限に降ってくるから主役選考放題のギャルゲーだと考えたらすでにハーレム。自身はへんたいですな。セックスがしたいならこのサイト

コメントはまだありません

コメントは停止中です。